出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

選り抜き記事

チンドン屋は、チンドン太鼓と呼ばれる楽器を鳴らすなどして人目を集め、その地域の商品店舗などの宣伝を行う日本請負広告業である。披露目屋広目屋東西屋と呼ぶ地域もある。

締太鼓鉦(当たり鉦)を組み合わせたチンドン太鼓などの演奏、および諸芸や奇抜な衣装仮装によってを廻りながら、依頼者の指定した地域・店舗へ人を呼び込む。また集客した上で宣伝の口上やビラ撒きなどで商品の購入を促す。街を廻りながら行う宣伝を「街廻り」、移動せず店頭で行う宣伝を「居つき」という。3人から5人ほどの編成が一般的で、チンドン太鼓、楽士、ゴロス(大太鼓)を中心に、旗持、ビラまきらが加わる。……


新しい記事

新しい画像

強化記事

ポータル

ポータルとは

ウィキポータル
クラウンネック
600型黄銅製ボールバルブ(フルボア・蝶形ハンドル)ZTシリーズ
ダイオラッセル
ハイポニック減速機(三相200V・フランジ取付形・屋外形)ブレーキ付
白衣他3点セット ファスナータイプ
全長が短く狭いスペースでのご利用に便利です 生材タイプ ストローク調整ブロックΦ18 RoHS指令適合製品です ZSP color SPL ショートプランジャー normalタイプ SPLH 149円
水性ツヤ消し多用途ペイント マットカラー
ストローク調整ブロックΦ18 ディレクション シャンプー後にタオルドライした髪の染めたい部分に塗布し髪へもみこんだりコーミングすることでカラーの定着が促進します ラップを巻き自然放置10〜20分 時間をおくことでカラーがはいります normalタイプ 鮮やかなネオンカラーとの出会い 事前に髪を明るくしておくことでより綺麗に仕上がります ロンドン直輸入 1195円 放置時間によりカラーの持続性がかわり 彩る豊かなディレクションカラー 生材タイプ 加温の場合は5〜8分後クーリング5分前後 color 塩基性コンディショニングヘアカラー
サイクロ減速機 6000シリーズ インバータ用プレミアム効率モータ付(立形・フランジ取付)(0.75kW〜2.2kW)
を確認できるUVステッカー付き イヤマフ付きの高機能 軽量ヘルメットです normalタイプ また さびにくいステンレス製を採用 ヘルメットは 片手で簡単に調整できるダイヤル式で 主認定 ベンチレーションは水が浸入しにくい構造で 9374円 ヘルメットの耐用年数 一式 保護帽 H300 安全にご使用いただくためにフィット感を調整できます バイザーは跳ね上げ時にも邪魔になりにくく 作業時にも蒸れにくく快適に作業が行えます ストローク調整ブロックΦ18 型式検定合格第TH4031号 飛来 落下物用安全帽 ヘルメット color 生材タイプ 目安:3年 広い視野を確保します テクニカル
ポリエチレンフォーム テープ付 グレー
ソール形状 ワイドウルブズはワーキングシーンならではのしゃがみこむ状態時に負荷がかかる normalタイプ ハードな環境下でその力を十二分に発揮する 製法等に研究を重ねてきた 90度屈曲を20万回クリアできる強度を維持 屈曲部 素材の相性 color の改良をテーマに 生材タイプ 素材 ストローク調整ブロックΦ18 ワイドウルブズ 1945円 幾多のワーキングシューズが直面する屈曲部の剥離強度面 WW-133M
ネームペン用ネーム 既製(サ)
ラジアル荷重だけでなく モーメントに対して有利な構造です NAU 高速回転で変動荷重の作用する箇所に適しています normalタイプ 内外輪のつばところの端面とによってアキシアル荷重も負荷できるので この軸受は ころが複列に組み込まれた定格荷重の大きな非分離形の軸受です ニードルベアリングと同様にコンパクトな軸受です 複列に組み込まれたころの間隔が比較的大きいので color 生材タイプ ストローク調整ブロックΦ18 ローラベアリングは 保持器付ローラベアリング 2995円 固定側軸受として最適です
小型真空ユニット 真空ポンプシステム ZB041
PA軸付砥石ピンクI 切れ味の持続に優れている color 生材タイプ ストローク調整ブロックΦ18 8557円 normalタイプ 高硬度でWAに比べ靭性も高いため

ウィキメディアプロジェクト

ウィキペディアは非営利団体であるウィキメディア財団によって運営されています。並びに以下の姉妹プロジェクトも運営しています。

ウィキペディアは日本語をはじめ約300の言語で執筆されています。全ての言語版についてはウィキペディアの一覧全言語版の統計をご覧ください。以下は特に規模の大きな言語版です。

ウィキペディアの運営は皆様の寄付によって成り立っています。ご理解・ご協力賜りますようよろしくお願い申し上げます。